【中国車、インドへ】長城汽車、印市場を最優先 SUVとEVで地位確立に自信

中国のスポーツタイプ多目的車(SUV)最大手、長城汽車(GWM)がインド進出への準備を加速させている。10億米ドル(約1,116億円)を投じて開発、生産、販売体制を整え、2021年に第1弾モデルを発売する。日系や地場がしのぎを削るインド市場で、どう存在感を高めていくのか。…

関連国・地域: 中国インド
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

自動車各社が対コロナに支援 人工呼吸器など、医療製品確保で(04/03)

3月の乗用車販売、各社マイナス4割超(04/03)

3月商用車販売、主要6社が7割以上の減少(04/03)

二輪ヒーロー、値引きでBS4車の在庫整理(04/03)

車メーカーがネット販売に注力、コロナ影響(04/03)

モバイルクリエイト、印同業の株式取得(04/03)

インパクト、デリーなどでコンビニ営業再開(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン