雇用オムニバス法、批判続々 労組・学生団体はともに反対表明

インドネシア政府が先ごろ国会に提出した、オムニバス法の雇用創出に関する法案に対して、各方面から批判の声が上がっている。労働組合は、最低賃金の見直しや雇用規制の緩和などにつながるとして法案に反対している。学生団体やイスラム教団体は、法が成立すれば、大統領に法改正…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「オンライン飲み会をや…(04/09)

【中進国の罠】タイの資本輸出、域内で攻勢 ベトナムは最大の「草刈り場」に(04/09)

10日から首都の活動制限厳格化、処罰も検討(04/09)

政府、コロナ対策費調達で3種の外国債発行(04/09)

財務相、債務抱える中小零細企業に救済策(04/09)

インドネシア企業の格付け、引き下げ相次ぐ(04/09)

消毒剤原料は輸入税免除、エチルアルコール(04/09)

首都港湾の1~3月コンテナ取扱量4%減(04/09)

マリンドエア、従業員7割に無給休暇指示(04/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン