• 印刷する

テイクオフ:7年ぶりにジャカルタに…

7年ぶりにジャカルタに出張でやって来た知人。都心を走る都市高速鉄道(MRT)や、広々と美しく整備された歩道、選択肢がぐっと増えた日本食レストラン。懐かしさよりもあまりの変貌ぶりに目を見張ったとか。

変わっていない人もいた。彼が駐在当時、長く雇っていた運転手だ。来訪するとあらかじめ知らせたわけでもないのに、どこから聞き付けたのか、ひょっこり目の前に姿を現した。

インドネシアの人たちのクチコミ力もまったく衰えていない。観察力も相変わらずピカイチだ。顔を合わせたこともない他の運転手ですら、外国人のこちらのことをよく知っている。ドライバー仲間同士で「あの日本人をまた見たぞ」と話題に上ったのだろうか。

そして運転手氏、あいさつもそこそこに「仕事ありませんか?」。この要領の良さも変わっていなかった。(麻)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

20年の東南アジア成長率1.0%、ADB予測(04/03)

コロナ感染者数予測、6月に10万人超えも(04/03)

新型コロナ流行、防犯意識も 経済悪化で生活一変、モラル低下(04/03)

【BOPビジネス解剖】走り出した政府との電力事業 起業家の挑戦(下)電化100%へ(04/03)

ホンダ、13日から2週間生産を停止(04/03)

ヤマハ現法、今日から工場操業を一時停止(04/03)

2月新車販売確定値3%減、小売りは5%減(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン