• 印刷する

映像ビバがIPO再計画、40億ペソ調達へ

フィリピンの映画・娯楽番組製作会社ビバ・コミュニケーションズは、13年前に断念した新規株式公開(IPO)を実施する。最大40億ペソ(約87億円)の調達を目指す。17日付マニラスタンダードが伝えた。

主幹事を務める投資会社BDOキャピタル・アンド・インベストメントのフランシスコ社長が、ビバのIPO実施を認めた。30億~40億ペソを調達する計画という。

ビバは2007年にIPOを実施し、最大12億ペソを調達する予定だった。しかし、世界金融危機の余波で計画を断念していた。

同社は今年初め、映画部門のビバ・フィルムズが10億ペソを投じ、年内に34本の映画を製作すると発表した。IPOで調達する資金は同事業などに充てるとみられる。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 金融メディア・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

マカティ市「小東京」で強盗、日本人被害(04/03)

20年の東南アジア成長率1.0%、ADB予測(04/03)

新型コロナ感染者3018人に、死者は136人(04/03)

外出制限、段階解除か 経済優先、感染防止策は維持(04/03)

【BOPビジネス解剖】走り出した政府との電力事業 起業家の挑戦(下)電化100%へ(04/03)

食料品店は12時間営業を、大統領府(04/03)

比、7歳女児が死亡(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン