• 印刷する

テイクオフ:「たった3日で街が激変…

「たった3日で街が激変した」。春節(旧正月)を挟んで帰国し、香港に戻った際の印象だ。香港国際空港内はガラガラで、行き交う人々もほぼマスク姿。皆、足早に家路を急いでいるように見えた。

それから数週間。繁華街では政府の検問所閉鎖などの検疫強化を受けて中国本土客がぱったり消えた。一方で、政府が職員の在宅勤務を容認し、なるべく人との接触を避けるよう求めているにもかかわらず、市民はマスクを求めて朝から長蛇の列をつくり、食料や日用品の買い占めに走ってスーパーが込み合う事態となっている。

さらに、こうした状況下でも、政府が指定した隔離・診療施設への反対を掲げるなど、政府への抗議デモは続く。参加者が以前より減っているとはいえ、景気が冷え込む中で混沌(こんとん)が混沌を呼んでおり、香港の先行きはさらに見通しづらくなっている。(輝)


関連国・地域: 香港
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:香港は来週10日(金)…(04/02)

入国拒否73カ国・地域、全入国者に待機要請(04/02)

香港の英銀2行、配当を中止 「逆風に備え」英金融当局指導で(04/02)

51人の感染確認、生後40日の乳児も(04/02)

強制検疫の適用除外、企業の申請始まる(04/02)

香港政府、コロナ対策でカラオケ店など閉鎖(04/02)

小売ラッキー、非接触型決済システムを導入(04/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン