• 印刷する

テイクオフ:オーストラリアの産業界…

オーストラリアの産業界で、従業員への賃金過少支払いが問題だ。最近では、長年人気料理番組に出演していたセレブシェフのレストランで過少払いが発覚し、あっという間に経営中のほぼ全店舗が閉鎖に追い込まれた。

ただ、この問題は業界全体にまん延しているにもかかわらず、やり玉に挙げられるのはいつも大成功している事業ばかりだという。オージー英語には「Tall poppy syndrome」という表現がある。成功者や目立つ人を失脚させようとする社会現象を示す。オーストラリアの文化が公平を重視し、権力を振りかざす人を嫌うことが背景にあるという。

つまり日本で言う「出る杭は打たれる」ということで、いかに目立つかが勝負の米国とは正反対だ。何かと文化の違いが顕著に指摘される日本とオーストラリアだが、意外にも同じ風潮が根付いているようだ。(岩下)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

豪住宅価格、新型コロナで最大20%下落か(17:02)

RBA、「マイナス金利には踏み込まない」(17:02)

【BOPビジネス解剖】農村部で電力を「共有」へ 起業家の挑戦(上)IoT活用で(04/02)

テイクオフ:あらゆることがオンライ…(04/02)

豪不良債権、最悪1220億$に? 4大銀の最悪ケース想定(04/02)

豪政府、大型支援策で来年債務1.5兆$に(04/02)

給与補助策、不公平なケースも=中小企業(04/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン