湖北省トップを更迭、後任に上海市長

中国共産党中央は、湖北省トップとなる省党委員会書記の蒋超良氏を解任し、後任に上海市長の応勇氏を充てる人事を決めた。新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)を巡って、「震源地」となった湖北省で感染拡大を防げなかった責任を問われたものとみられる。新華社電などが…

関連国・地域: 中国-湖北
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

チャウピュー特区、事業費は300億ドル規模(02/21)

累計89人、新たに3人(22日、23日)(21:26)

完全外出禁止は77人(19日正午)(21:26)

航空各社が運航見直し、新型肺炎流行で(19:35)

エイサー、サプライチェーン断裂の心配なし(17:18)

各企業の防疫体制、国務院がガイドライン(19:21)

肺炎に関する労使問題、人保省が公式Q&A(17:51)

ホンダの武漢工場、再開は3月11日以降に(21:50)

新型肺炎の死者2442人、感染者7万6936人(19:58)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(21日正午) 韓国の感染者156人に、3日間で5倍(14:34)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン