行政長官、娯楽施設の休業強制しない

香港政府の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は11日、政府が映画館や娯楽施設の一時休業を強制することはないと明らかにした。12日付スタンダードが伝えた。 林鄭氏は、娯楽施設の運営会社は新型コロナウイルスによる肺炎の流行を非常に警戒しており、感染を防ぐため十分な予防…

関連国・地域: 香港
関連業種: 医療・医薬品メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:香港版「Go To ト…(08/10)

7月輸出が5カ月ぶりプラス 前年比0.4%増に、IT好調継続(08/10)

全希望者にPCR検査実施 中国政府が支援、1日50万件対応(08/10)

新規感染者72人、累計4079人に(08/10)

空港近くにコロナ臨時病院、政府が整備へ(08/10)

米、香港長官ら11人制裁=中国反発で対立激化も(08/10)

香港「米制裁は卑劣」、中国の報復を全面支持(08/10)

米制裁は無意味と非難、中国の出先機関トップ(08/10)

米制裁、注意深く現状評価を=金融管理局(08/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン