地位協定破棄、比は再考を=米国防長官

【ワシントン共同】エスパー米国防長官は11日、フィリピンが同国内での米兵の法的地位を定めた訪問軍地位協定の破棄を通知したことについて「地域の同盟各国が(南シナ海問題などで)中国に対し国際的な規範を守るよう求めている中で、誤った方向に向かうものだ」と述べ、再考に期…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:有名な葬儀屋がブラック…(06/02)

大手、設備投資を大幅削減 新型コロナでリスク回避姿勢(06/02)

コロナ感染新たに552人、累計1万8638人(06/02)

冷蔵設備サンデン、現法が本格始動(06/02)

政府が45億ドル調達、国際金融機関などから(06/02)

独企業の51%が投資留保、外資規制など背景(06/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン