• 印刷する

海外出稼ぎ者の本国送金額、19年は世界4位

世界銀行が調整役となって進める「移民と開発に関するグローバル知識パートナーシップ(KNOMAD)」によると、フィリピンは海外出稼ぎ労働者(OFW)による2019年の本国送金額が前年比3.7%増の351億米ドル(約3兆8,600億円)となり、世界4位だった。10日付ビジネスワールドが伝えた。

上位3カ国では、インドが822億米ドルで首位。以下、中国が703億米ドル、メキシコが387億米ドルと続く。5位以下はエジプト、ナイジェリア、フランス、パキスタン、バングラデシュ、ドイツの順で続いた。

OFWからの本国送金額がフィリピンの国内総生産(GDP)に占める割合は9.8%で、世界31位だった。

地場商業銀行ユニオンバンクの経済調査部門チーフエコノミスト、ルベン・アスンシオン氏は「(4位という結果は)多くのフィリピン人がより良い待遇を求めて海外に向かっている証拠だ」と指摘した。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

フィリピン由来の変異株警戒 日本、入国後は待機措置厳しく(04/16)

新型コロナ、新たに1万1429人感染(04/16)

ワクチン接種、4割自主判断 安全性懸念し「帰国接種」希望も(04/16)

ワクチン接種125万人完了、4割止まり(04/16)

鉱業免許の新規発行再開、9年ぶり(04/16)

21年成長率下振れも、経済開発庁(04/16)

2月の海外送金受取、3カ月ぶりプラス(04/16)

マクロアジア、空港無線事業を独自運営へ(04/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン