• 印刷する

テイクオフ:今年のアカデミー賞で、…

今年のアカデミー賞で、韓国映画が外国映画として初めて作品賞を受賞した。それ自体が大ニュースとなったが、陰で盛り上がっているのが、監督の通訳を務めた韓国人女性の存在だ。独特なユーモアを分かりやすく即座に英語に訳し、絶賛されている。

機械翻訳の技術が向上し、大意が伝われば十分な場面では有用との見方があるが、正確な翻訳や通訳にはやはり人の手がいると感じる。特にオーストラリアの新聞記事はドラマチックでひねった表現が多く、日本語で違和感なく伝えるにはひと工夫必要だ。

試しに「鉄砲水によりキャンプ場から男女2人がマットレスに乗ったまま流された」という公共放送ABCの報道を機械翻訳にかけてみると、「爆風マットレスでキャンプ場から一掃されたカップルが鉄砲水を引き起こした」と出た。機械翻訳の無茶ぶりはまだ当分続きそうだ。(岩下)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:コロナ禍でオーストラリ…(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

三菱地所、シドニーで住宅開発 レンドリースとの共同事業第3弾(07/03)

レンドリースが3億$超の赤字か、建設遅延で(07/03)

三菱系BMA、QLD炭鉱に自動トラック(07/03)

豪の19年EV販売、5割以上はテスラ車(07/03)

豪住宅価格2カ月連続下落、今後も需要減か(07/03)

家具グリーンリット、子会社分社化で上場へ(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン