• 印刷する

テイクオフ:今年のアカデミー賞で、…

今年のアカデミー賞で、韓国映画が外国映画として初めて作品賞を受賞した。それ自体が大ニュースとなったが、陰で盛り上がっているのが、監督の通訳を務めた韓国人女性の存在だ。独特なユーモアを分かりやすく即座に英語に訳し、絶賛されている。

機械翻訳の技術が向上し、大意が伝われば十分な場面では有用との見方があるが、正確な翻訳や通訳にはやはり人の手がいると感じる。特にオーストラリアの新聞記事はドラマチックでひねった表現が多く、日本語で違和感なく伝えるにはひと工夫必要だ。

試しに「鉄砲水によりキャンプ場から男女2人がマットレスに乗ったまま流された」という公共放送ABCの報道を機械翻訳にかけてみると、「爆風マットレスでキャンプ場から一掃されたカップルが鉄砲水を引き起こした」と出た。機械翻訳の無茶ぶりはまだ当分続きそうだ。(岩下)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリア株式市場…(03/30)

賃料減免と引き換えに税控除 豪政府計画、中小企負担を軽減(03/30)

小売業界が続々閉鎖、賃料支払い拒否も(03/30)

「外で会うのは1人まで」、首相が規制強化(03/30)

豪政府、メンタルヘルス対策に11億$拠出(03/30)

SA州、コロナで景気刺激策に6.5億ドル追加(03/30)

保険TAL、コロナを生命保険給付の対象に(03/30)

豪でデフレスパイラルも、インフレ率低下で(03/30)

買いだめ、輸送パレットと物流企には恩恵(03/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン