• 印刷する

テイクオフ:台湾が新型コロナウイル…

台湾が新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の感染拡大を防ぐ新たな策として、11日から香港とマカオの住民の入境を原則禁止した。それまでは入境後14日間は当局の指示に基づく隔離となっていたが、今はビジネス契約履行や企業の人事異動といった例外を除き、香港人は訪台できなくなった。

これで困っているのが、香港・マカオに一時的に帰っていた、台湾の大学などで学ぶ香港人とマカオ人の留学生たち。入境できなくなった以上、キャンパスに戻りたくても戻れない。その数は約8千人とか。香港政府は早速、教育局が専用ホットラインを設けるなど支援に乗り出した。

台湾は香港人の人気旅行先でもある。今回の入境禁止措置で台湾旅行キャンセルに追い込まれた香港人は少なくなさそう。でもこれはやむを得まい。両地とも、今は新型肺炎の封じ込めが最優先なのだから。(和)


関連国・地域: 香港マカオ台湾
関連業種: 医療・医薬品観光マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

1カ月で感染者2581人増 コロナ第3波、地場経済に痛み(08/07)

新規感染者95人、域内91人=累計は3849人(08/07)

外国人家政婦の感染、一斉検査促す(08/07)

公務員の在宅勤務、8月16日まで延長(08/07)

香港日清、1~6月は3割増益見通し(08/07)

HKTVモール、7月取引額は今年最高に(08/07)

小売市場の回復、早くて半年後=米コンサル(08/07)

反落、米の中国通信企業排除で=香港株式(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン