【韓国会計】外国人勤労者の2019年帰属勤労所得の年末調整

2019年に韓国内で勤労所得がある外国人勤労者は、20年2月分の給料が支給されるまでに年末調整を済ませなければならない。年末調整している外国人勤労者は毎年増加しており、18年は57万人で、19年には60万人前後になると予想される。金額的にも17年に7,707億ウォン(約708億4,000万…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染者、33人増の1万3512人(11:22)

テイクオフ:朴元淳ソウル市長が自殺…(07/14)

Thacoが輸出拡大、タイに起亜80台輸出(07/14)

海外入国者への防疫を強化 感染拡大、ビジネス往来は推進へ(07/14)

新型コロナ感染者、62人増の1万3479人(07/14)

ラインフレンズ、ゲーム大手ネクソンと提携(07/14)

LGD、ベンツに有機ELパネル供給(07/14)

TSMC、華為への供給再開を米に要望か(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン