• 印刷する

【会員情報NOW!】日立製作所、シドニーでハッカソン開催

日立製作所は8~9日にシドニーで、参加者が一定期間集中的にプログラムの開発などについて共同作業を行い、その技能やアイデアを競う「ハッカソン」のイベント、「日立デジタル・モビリティー・ハッカソン」を開催した。40人・9チームが参加し、西シドニー地域でモビリティーを念頭に、デジタル技術を使ったイノベーションで人々の生活を向上させるためのアイデアを出し合った。

日立がオーストラリアで開催した2回目のハッカソンで優勝したのは、自転車にセンサーをつけて車の接近を知らせるデバイスを提案したチーム「Cysense」。次点には自走型ショッピングバッグを提案したチーム「MobiKart」が選ばれた。

審査員長を務めた、同社デジタルフロント事業本部の貝貫勉部長は「ハッカソンはアイデアをもらう場だが、人的な発掘も視野に入れて優勝と準優勝を決めた。両チームとは今後も関わりを持ちながら、ソーシャル・イノベーションなどで一緒にやっていけるケースがあればと考えている」と語った。

自転車運転者向けの対物センサーの提案で優勝したチーム「Cysense」の3人と日立の貝貫勉部長(NNA豪州)

自転車運転者向けの対物センサーの提案で優勝したチーム「Cysense」の3人と日立の貝貫勉部長(NNA豪州)

<お知らせ>

本紙では会員企業の広報やPR写真などを無料で掲載いたしますのでご利用ください。問い合わせや写真データ送付のあて先は(電話)02-9264-0998、sales@nna.net.au(井戸田・下池)まで。


関連国・地域: オーストラリア日本
関連業種: その他製造IT・通信社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアの新聞の…(06/24)

豪印、中国にらみ協力強化 両国の国防相が会談(06/24)

豪参加の多国籍企課税厳格化、NZが実現懸念(06/24)

4大銀が米景気後退予測、豪首相は回避確信(06/24)

豪政府、高インフレ回避で実質賃下げを容認(06/24)

川重など、豪から輸送した水素で発電実証(06/24)

メディバンク、加入者に2億$の利益還元(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン