【中アセアン】産業集積進むタイ:親日が魅力、人材難・競争激化も

第3回 東南アジア諸国連合(ASEAN)の中で現在、日系企業の集積が最も進んでいるタイは、自動車を筆頭に、電気電子、素材、食品など幅広い産業の生産基地として盤石な地位を築き、日系企業の海外戦略を支える。ASEAN10カ国の中でも親日度が高く、日本ブランドに対する…

関連国・地域: 中国タイ日本
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

中国MG、ステーションワゴンのEV発表(19:49)

プリンシパル社長、バムルンラード病院出資(19:14)

テイクオフ:25日にバンコクのサイ…(11/26)

10月の新車販売、前年並みに 商用車好調で2カ月連続7万台超(11/26)

2020年10月のタイの新車販売台数(表)(11/26)

ホンダ、「シティハッチバック」を初公開(11/26)

EVへの買い替え支援策、12月2日に協議(11/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン