• 印刷する

新型肺炎拡大、不動産市場に影響も

カンボジア不動産鑑定士・不動産業者協会(CVEAA)のチレク・ソクニム会長は、中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が、カンボジアの不動産市場に影響を及ぼす恐れがあるとの見解を示した。ただし、影響は短期にとどまるとみている。地元各紙(電子版)が伝えた。

チレク・ソクニム会長は「不動産業は、観光業のように即座に新型肺炎の影響を受けるわけではない」と指摘。さらに、南部シアヌークビル州の不動産市場について、「賃貸価格は下落傾向にあるが、不動産販売価格に変わりはない」と付け加えた。

中央銀行によると、2019年のカンボジアへの海外直接投資(FDI)額は約36億米ドル(約3,900億円)。このうち43%を中国からの投資が占め、国・地域別で最大となった。建設省によると、同年の建設投資認可額は約93億米ドル、認可件数は4,446件だった。


関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: 建設・不動産社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

神鋼環境、リゾート施設向け浄水設備を受注(08/07)

低迷する自動車販売業界、3月比では回復(08/07)

新型コロナ、新たに3人感染で累計243人(08/07)

首都のウオーターパーク、17日開業へ(08/07)

入国の保証金減額、投資家などの要件緩和も(08/06)

全日空、成田ープノンペン線は9月も運休(08/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン