• 印刷する

テイクオフ:中国を中心に新型コロナ…

中国を中心に新型コロナウイルスによる肺炎の感染が広がる中、旧正月(春節)に合わせて多くの外国人観光客が訪れているシンガポールでも警戒感が高まっている。

春節中にマレーシアにある夫の実家を訪問したが、陸路で移動する際に出入国審査所ではマスクをかけた旅行者を多く見掛けた。シンガポールへの帰国時に体温測定装置の前を通った時には、「ここで咳(せき)をしたら呼び止められるのではないか」などと考え、熱があるわけでもないのに変に緊張してしまった。

同様にシンガポールからマレーシアに帰省した義理の妹は、運悪く春節直前に風邪を引いてしまい微熱が続いていた。おまけにこの時期は親戚訪問など外出が多く、家でゆっくり休めない。風邪が完治しないままで帰国時に体温検査に引っかからないか、戦々恐々としていた。一日も早く新型肺炎対策の体温検査がなくなることを望む。(雪)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポールでの新型コ…(02/25)

外国投資が過去2年で最大 1月に9億ドル、肺炎に懸念も(02/25)

【日本の税務】二重課税された給与について(02/25)

日中韓から入国後は自己観察 14日間、教育省は自宅待機要請も(02/25)

都市ホテル初の循環型農業 仏アコー、野菜3割自給へ(02/25)

(表)世界の新型肺炎感染者数(24日正午) 日本・韓国人らを経過観察対象に=タイ(02/25)

コアインフレ率、約4年ぶり低水準(02/25)

累計90人、新たに1人(24日正午)(02/25)

中国渡航の外国人、入国7割却下(02/25)

企業の中国工場、操業再開も苦境(02/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン