ホンダ四輪、現調率引き上げなどに410億円

ホンダのインドネシア四輪製販法人ホンダ・プロスペクト・モーター(HPM)は今年以降、現地調達率の引き上げや新モデルの開発などに5兆1,000億ルピア(約410億円)を投じる方針だ。27日付ビスニス・インドネシアが伝えた。 HPMのユサック取締役(事業開発・マーケティング…

関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ流行などで格付下落も=ムーディーズ(09/18)

建設会社の半数が倒産、工事案件停滞で(09/18)

低所得家庭に太陽発電設備を 電力補助金の振り替えで普及促進(09/18)

配車ゴジェック、資金調達へブランド統一(09/18)

政策金利は据え置き、ルピア安への配慮で(09/18)

8月の新車販売確定値、59%減の3.7万台(09/18)

8月の自動車生産台数、72%減の3.4万台(09/18)

携帯端末の識別システム、15日から稼働(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン