• 印刷する

商用車フォース、小型バス開発に60億ルピー

インドの商用車メーカー、フォース・モーターズは、向こう2年間で小型バスの開発に60億ルピー(約91億6,000万円)を投じる方針だ。PTI通信が26日に伝えた。

フォースのプラサン・フィロディア社長によると、小型バスを2モデル投入する考えで、同社が新たに開発したモノコック構造の次世代プラットフォーム(車台)を活用するという。

フォースは先に、同プラットフォームを使用した輸出用高級小型バス(コードネーム「T1N」)を発表した。年内に商業生産を開始し、まずは湾岸諸国に輸出する予定だ。同社は、T1Nの開発に100億ルピーを投じている。

フォースは現在、「トラックス」と「トラベラー」の2種類の小型バスを展開。国内小型バス市場で68%のシェアを保有している。


関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ヒンディー語映画「シカ…(02/19)

二輪ヒーローが大型投資表明 技術開発など、7年で1千億ルピー(02/19)

タタパワー、EV充電網を700カ所に拡充(02/19)

パナ、インドでアフリカ向け家電の生産を検討(02/19)

政府、ラダックの送電網整備に1100億ルピー(02/19)

電力JSW、東部同業を532億ルピーで買収(02/19)

マンダレー・インパールの観光ツアー開始へ(02/19)

太陽光発電事業3GW相当、新型肺炎で影響(02/19)

上訴審、鉄鋼JSWのブーシャン買収を承認(02/19)

ゴドレジ、鉄道開発庁から首都の土地取得(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン