• 印刷する

テイクオフ:電動自転車に乗ってフー…

電動自転車に乗ってフードデリバリーなどの宅配をする女性を見かけることが増えた。柔軟に働けるので主婦層に人気なのだろうか。抱っこひもを使用して赤ん坊を抱えながら電動自転車でさっそうと駆け抜ける人もいた。

ジャカルタで電動自転車が増えた背景には、電動キックスケーターに対する規制強化がある。交通事故が引き金となって規制が導入されたが、電動自転車も大通りをバイクに紛れて通行している姿などを見るとこちらがはらはらする。普及とともに問題が発生して、電動キックスケーターの二の舞になりそうで心配になる。

赤ん坊を連れて宅配することも、そもそも運営事業者の規約違反かもしれない。でも食事を届けてくれたときに赤ちゃんの笑顔を見れば、受け手の顔もほころぶではないか。各方面の利益につながる最適解を見つけてほしい。(幸)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

インドネシアで港湾運営参入、デスティニ(02/21)

国営建設子会社、プレコンの生産能力拡大へ(02/21)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(21日正午) 韓国の感染者156人に、3日間で5倍(02/22)

所得税減税や優遇の一本化へ オムニバス税法、識者に聞く(下)(02/21)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(20日正午) 韓国の感染者82人に、2日で51人増(02/21)

衣料H&M、EU経済制裁で生産体制見直し(02/21)

政策金利引き下げ、新型肺炎の影響を懸念(02/21)

ブカシ当局、中国人作業員の隔離を要請(02/21)

パナソニック、家庭用エアコンを初輸出(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン