• 印刷する

豊田通商、コネクテッドサービスで新会社

豊田通商は23日、シンガポール現地法人の豊田通商アジアパシフィック(TTAP)、グループ会社ネクスティエレクトロニクスのタイ現地法人と共同で、シンガポールにコネクテッドサービス事業の新会社を設立したと発表した。自動車業界でITを活用した次世代の乗り物サービス「MaaS(マース)」が広がる中、これを実現するのに必要なコネクテッドサービスのコア技術を開発する。

新会社の名称は豊田通商モビリティインフォマティクス(TTMI)で、資本金は92万Sドル(約7,500万円)。3社の出資比率は明らかにしていない。

TTMIは、豊田通商グループやパートナー企業と連携しながら、機械学習や数理最適化技術などを開発。配車、物流サービスの事業者をはじめとするモビリティーサービス会社向けに、渋滞情報配信や最適配送経路計画の作成などのコネクテッドサービスを提供する。研究開発(R&D)事業のほか営業活動も手掛ける。

今後はシンガポールを起点に、日本だけでなく東南アジアや中東、アフリカなどを中心に世界市場に向けてサービスを展開する。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

今年の経済成長率予測、上限を下方修正(12:03)

テイクオフ:9日の建国記念日に行わ…(08/11)

三菱UFJ銀、新興企業向け融資で新会社(08/11)

北部3州で感染ゼロから拡大 1人から45人、今後も増加か(08/11)

OCBC銀行、1~6月期決算は42%減益(08/11)

金融機関の配当金引き下げ、当局が要請(08/11)

興行ゲンティン、4~6月は過去最大の赤字(08/11)

不動産キャピタランド、1~6月は89%減益(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン