タイ航空、老朽機との交換で新機調達推進

タイ国際航空のスメート社長は、見直しを進めている航空機38機の調達計画について、老朽機の売却と新機調達をセットにして実施する方針を明らかにした。23日付クルンテープ・トゥラキットが報じた。 タイ航空は1,560億バーツ(約5,600億円)を投じて航空機38機を新規購入する計画…

関連国・地域: タイ
関連業種: 運輸


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:四連休の真っただ中だっ…(08/04)

近代小売の信頼感が回復基調 2Qで底打ちか、最賃改定提案も(08/04)

アウディ、EVの法人向け販売を強化へ(08/04)

MG販社、チョンブリにショールーム新設(08/04)

中級コンドの賃貸需要が増加、融資厳格化で(08/04)

ユニークエンジ、アユタヤの運河整備を受注(08/04)

再生エネBCPG、太陽光発電4社を買収(08/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン