• 印刷する

メガワイド、南北鉄道2期受注を期待

フィリピンの建設大手メガワイド・コンストラクションが、マニラ首都圏南北通勤鉄道の第2期の工事受注を期待している。23日付マニラタイムズが伝えた。

エドガー・サーベドラ社長兼最高経営責任者(CEO)は20日、記者団に対し、「最高の条件で応札したが、結果を待っているところだ」と述べた。同事業は今年受注を目指す新規プロジェクトの一つという。

南北鉄道の第2期は、パンパンガ州クラーク国際空港―ブラカン州マロロス間の53キロメートルを結ぶ区間。土木工事が主で、カルンピット―アバリット間(17キロメートル)の「パッケージ1」、サンフェルナンド駅を含む16キロ区間の「パッケージ2」、アンヘレス―クラーク駅間(12キロ)の「パッケージ3」から成る。

メガワイドは19年8月、三井住友建設やスペインの建設大手アクシオナ、韓国の現代建設など10社とともに応札していた。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

クルーズ船が出航、フィリピンへ(17:05)

(表)世界の新型肺炎感染者数(28日正午)(15:37)

AIで離職防止対策など提案 スタートアップ、日系企業に(02/28)

大統領、カラバルソンに「災害事態」宣言(02/28)

肺炎の世界不況リスク低まる、中国が減速で(02/28)

共用通信塔の整備、計画発表が3月に(02/28)

東南アのバイク販売、5%増の1375万台(02/28)

新型コロナで企業合理化、貿産相が懸念(02/28)

配車グラブ、車両登録枠の全活用求める(02/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン