12月インフレ率0.8%、運輸上昇 19年通年は3年連続プラス

シンガポールの統計局が23日発表した2019年12月の消費者物価指数(CPI、14年=100)は101.0となり、前年同月から0.8%上昇した。上昇幅は11月の0.6%から拡大。運輸と通信サービスでインフレが進んだ。19年通年のCPI上昇率は前年比0.6%。18年の0.4%上昇からやや加速し、3…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新規感染106人、計1481人(7日)(13:23)

【グラフでみるASEAN】新車販売(2月) 前年同月比3%減、タイ・インドネシアの低迷響く(10:01)

テイクオフ:ニューヨークやパリから…(04/08)

航空各社が苦肉の人件費削減 東南ア、相次ぎ減給・無給休暇(04/08)

オフィス賃料、コロナで下落基調の予測(04/08)

年次株主総会など、新型コロナで期限延長(04/08)

テナント賃料を一時免除、地場大手2社(04/08)

スーパーNTUC、在庫完備・価格維持を強調(04/08)

中小企業融資枠組み、既に660社余りが活用(04/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン