• 印刷する

車用プラ有機ELパネル、LGDが量産開始

韓国パネル大手のLGディスプレーがこのほど、車載用に開発されたプラスチック基板の有機ELディスプレーの量産を開始したもようだ。電子新聞が伝えた。

同製品は◇自動車の形に合わせて変形させることが可能◇ガラスの有機ELより耐久性に優れている◇液晶よりも画質が鮮明◇応答速度が速く、視野角も広い――などの特長を持っており、運転席のインパネなどに適用される見込み。

世界各社が同製品の搭載を予定している。米ゼネラルモーターズ(GM)は高級ブランド「キャデラック」が4~6月期に発売する「エスカレード」改良モデルに搭載する計画。独メルセデス・ベンツも新型車への採用を決めたとされる。

英市場調査会社のIHSマークイットによると、車載用有機ELディスプレーの世界出荷規模は、今年の自動車11万台分から21年は41万台分、26年には460万台分に急増する見通しだ。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(17日正午) 中国本土の感染者は7万人超に(02/18)

テイクオフ:米アカデミー賞4冠の「…(02/18)

韓国車、中国依存の課題露呈 サプライチェーンの見直しは困難(02/18)

新型肺炎30人目、感染経路は不明(02/18)

韓国GMが生産停止、富平第1工場(02/18)

現代自、光陽―釜山で燃料電池トラック事業(02/18)

新型肺炎が経営に悪影響、企業の6割(02/18)

航空・海運・観光業など、政府が緊急支援(02/18)

5Gでスマホ買い替え、シャープは「動画」勝負(02/18)

1月輸入物価指数、2カ月連続でプラス成長(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン