• 印刷する

10輪トラックの首都走行制限、政府が承認

タイ政府は21日、2月末まで10輪以上の大型トラックの首都バンコクでの走行を制限するなどといった大気汚染緩和に向けた対策12件を承認した。微小粒子状物質「PM2.5」の濃度引き下げを図る。22日付プーチャッカーンなどが報じた。

10輪以上の大型トラックは、奇数日に首都外環道であるカンチャナピセーク道路から内側に入るのを禁止。偶数日は許可した時間内に走行するのを許可する。内閣は首都圏における大気汚染の主な理由をディーゼル車両、工場、たき火と特定。黒煙を出して走行する車両や、路線バス以外のバスの排ガスに含まれる汚染物質の検査をバンコクの50区で実施するなど取り締まりを厳格化する。

プラユット首相は、短期的にはPM2.5の濃度を天然資源・環境省公害管理局(PCD)が定める安全基準の1立方メートル当たり50マイクログラムまで下げることが重要と指摘。その上で50を上回る地区に関しては学校の閉鎖を含む厳しい対応が必要との認識を示した。22日にはバンコクの教育機関437校を1日限定で休校した。


関連国・地域: タイ
関連業種: 自動車・二輪車運輸マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:四連休の真っただ中だっ…(08/04)

近代小売の信頼感が回復基調 2Qで底打ちか、最賃改定提案も(08/04)

アウディ、EVの法人向け販売を強化へ(08/04)

MG販社、チョンブリにショールーム新設(08/04)

中級コンドの賃貸需要が増加、融資厳格化で(08/04)

ユニークエンジ、アユタヤの運河整備を受注(08/04)

再生エネBCPG、太陽光発電4社を買収(08/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン