対中関税下げは来月14日、米通商代表部

【ダボス共同】米通商代表部(USTR)は21日、対中貿易協議の「第1段階」合意を来月14日に発効すると明らかにした。同日付で中国からの輸入品1,200億ドル(約13兆2,000億円)分に課している制裁関税を15%から半減する。制裁関税の緩和は2018年7月に貿易摩擦が本格化してから…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新型肺炎、感染者15人増え46人に(12:56)

テイクオフ:2月初めに冬の京都を訪…(02/19)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(18日正午)(02/19)

イオン、日本の食卓への挑戦 越産「万能ナマズ」の出世(下)(02/19)

自動車各社がマスク生産 本業再開で自給、設備も自作(02/19)

【スタートアップの挑戦】子ども向けロボット教室展開 FCで3年以内に1000カ所目指す(02/19)

香港などへの渡航制限緩和 比人の出国可能に、出稼ぎ者配慮(02/19)

新型肺炎影響で小売業不振 業界団体、賃料の一部返還要請(02/19)

1月の自動車部品輸入額、完成車の3倍(02/19)

対米報復関税の除外、全品目で申請受け付け(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン