小売各社、春節商戦を本格化 中国から37万人が訪タイの見通し

春節(旧正月)を目前に控え、タイの小売各社が春節商戦を本格化している。首都バンコクで商業施設を運営するサイアム・ピワットや、流通大手セントラル・グループはそれぞれ、5,000万~1億バーツ(約1億8,000万~3億6,200万円)を投じてキャンペーンを展開。中国では1月24~3…

関連国・地域: 中国タイ
関連業種: 医療・医薬品小売り・卸売り観光


その他記事

すべての文頭を開く

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(21日正午) 韓国の感染者156人に、3日間で5倍(16:35)

自動車生産、1月は13%減 通年見通しは200万台に据え置き(02/21)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(20日正午) 韓国の感染者82人に、2日で51人増(02/21)

1月の自動車輸出は20%減、7カ月連続縮小(02/21)

ダウェー特区開発、中国国営企業が投資意欲(02/21)

撤退発表のGM、在庫を大幅値下げへ(02/21)

GPSCと高砂、ラヨーンに電池工場建設へ(02/21)

日本のインフラ技術を訴求、首都でセミナー(02/21)

東芝、20年は家電販売で15%増収目標(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン