• 印刷する

ボタニー港、山火事の煙回避で作業中止

オーストラリアの建設・林野・鉱山・エネルギー労組(CFMEU)傘下の海運労組(MUA)は、昨年12月にニューサウスウェールズ(NSW)州ボタニー港で、山火事による煙害を理由に雇用先の港湾最大手DPワールド・オーストラリアの作業を中止していたことが分かった。これにより、同港の操業に影響が出た。DPは、中止期間中の給与は支払わないとしている。シドニー・モーニング・ヘラルドが伝えた。

DPワールドは、煙害で仕事を中止することは雇用契約に沿っていないと主張している。

MUAは一方、DPワールドは休暇取得の権利を阻害していると主張している。MUAのウォーレン・スミス全国書記長補佐は「労働者の中には、DPワールドから休暇を切り上げて仕事に戻るよう強制された者もいる」とした。

MUAは先週、NSW州やビクトリア州、西オーストラリア州、クイーンズランド州の港湾で、DPワールドに対し、条件改善を求める労使交渉を踏まえたストを実施していた。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 運輸雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:所得税申告の季節。銀行…(08/07)

豪GDP、2.5%減少見通し モリソン首相「失業率10%の懸念も」(08/07)

VIC都市封鎖、財界は州より連邦頼み(08/07)

コロナ禍を機に政府は規制改革を=業界団体(08/07)

メルボ小売、オンライン販売整備で明暗(08/07)

豪イケア、封鎖で一部家具売上げが450%増(08/07)

VIC州の食品流通大混乱、全国に波及も(08/07)

QLD―NSW州境閉鎖、観光業や鉱業は悲鳴(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン