オリンパス、深セン工場売却計画が白紙に

精密機器大手のオリンパスは20日、深セン市の現地法人、奥林巴斯(深セン)工業の持ち分全てを、ソフトウエア技術の開発や販売などを手掛ける深セン市易聯技術へ譲渡する契約を解除すると発表した。深セン工場の売却は白紙となり、また一から譲渡先を探すという。 オリンパスの広…

関連国・地域: 中国-深セン日本
関連業種: その他製造金融IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

入国のファストトラック導入、中越と検討へ(08/11)

テイクオフ:広州の職場近くに「ラッ…(08/11)

交通インフラをスマート化 35年までに推進、リニア整備も(08/11)

7月のCPIは2.7%上昇、食品が値上がり(08/11)

農村からの出稼ぎ者数、ほぼ前年並み回復(08/11)

鉄道の1日当たり貨車数、7月は過去最高(08/11)

生活ごみ分別、23年までに全国の地級市で(08/11)

次期米国大使、中国対抗の必要性を指摘(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン