• 印刷する

春節期間の出入境旅客、594万人と予測

香港政府入境事務処(入境管理局)は20日、春節(旧正月、25日)を含む中国本土の連休7日間(24~30日)に香港を出入境する旅客数が延べ約594万人になるとの見通しを公表した。数値は前年同期に公表した予想(約732万人)より2割少ない。

全体の7割超を占める陸路での出境のピークは26日(36万7,000人)、入境のピークは28日(45万1,000人)を見込む。

陸路の出入境検問所別では、最も混雑が予想される羅湖が7日間で累計138万人、1日平均で19万6,000人と予測。1日平均の出入境旅客数予想はこのほか、落馬洲で10万6,000人、深セン湾で9万8,000人としている。


関連国・地域: 香港
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

(表)世界の新型肺炎感染者数(26日正午) 山東省で日本からの訪問者隔離措置(02/27)

テイクオフ:新界北部・上水の女子刑…(02/27)

韓国大邱からの入国禁止 新型肺炎急増で、全土に拡大も(02/27)

1~2月のFDI認可額、24%減の65億ドル(02/27)

生活雇用支援へ歳出2割増 来年度予算案、赤字は過去最大に(02/27)

日本人学校、感染地から入国後14日登校禁止(02/27)

20年成長率、下限はマイナス1.5%=政府予測(02/27)

国際クール便の再開未定に、ヤマト運輸(02/27)

2月の輸出、さらに悪化の見方も(02/27)

初の10代感染確認、下船乗客=計89人(02/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン