• 印刷する

新駐日ミャンマー大使、東京で投資呼び掛け

昨年12月に就任したミィン・トゥ駐日ミャンマー大使は20日、東京都内で行われたミャンマー経済・投資センター(JMEIC、東京都港区)の定例セミナーで講演し、日本企業に投資を呼び掛けた。有望な投資分野として農業、製造業、医療、観光、再生可能エネルギー、教育、インフラ整備などを挙げた。

ミィン・トゥ大使はミャンマーの投資環境と規制緩和について講演した。2018年度(18年10月~19年9月)のミャンマーの輸入額は180億5,771万米ドル(約1兆9,900億円)、輸出額は169億6,316万米ドルとなり、貿易赤字だった。「国内では物資や製造業の原材料を多く輸入している」と説明。国内の需要拡大に、供給が追い付いていない状況だとし、投資余地が大きいと強調した。

経済特区(SEZ)法に基づく稼働済みの投資は19年11月時点で、19カ国・地域からの111件に達し、投資総額は約18億6,087万米ドル。うち日本は37件の計約6億6,839万米ドルで、国別1位となっている。

ミィン・トゥ大使は「最大都市ヤンゴン郊外のティラワSEZは、日本とミャンマーが経済協力に取り組む成功例」と強調。外国企業の100%出資、地場企業との合弁による投資が多く、「投資規制緩和の効果が現れている」と指摘した。

このほか、外務省南東アジア第一課の山田欣幸課長も登壇し、「5年ぶりの総選挙が今年11月に行われる見通しで、ミャンマーにとって大事な1年だ」と強調。西部ラカイン州のイスラム教徒少数民族ロヒンギャの迫害問題をめぐり、国際社会から厳しい視線が注がれる中、「経済発展の基盤となる国内の和平プロセスの進展に注目していく必要がある」と話した。

セミナーには政府や企業の関係者ら約80人が出席した。

ミャンマーの投資環境と規制緩和について講演するミィン・トゥ大使=20日、東京(NNA)

ミャンマーの投資環境と規制緩和について講演するミィン・トゥ大使=20日、東京(NNA)


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 自動車・二輪車電機医療・医薬品化学その他製造建設・不動産マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

スー・チー氏、選挙念頭に離島慰問や式典へ(08/11)

軍系野党の有力議員、総選挙の延期要求(08/11)

メコン地域の物流調査、貨物への影響軽微(08/11)

新たに1人感染確認、累計360人=10日朝(08/11)

ヤンゴン公共バス、88%が運転再開(08/11)

コロナの影響で減少、コーヒー豆輸出(08/11)

マグウェー産ゴマ、日照りで供給不足の懸念(08/11)

次期米国大使、中国対抗の必要性を指摘(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン