• 印刷する

政府系ファンドで200億ドル調達へ=大統領

インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は16日、新たに設立を予定している政府系投資ファンドについて、少なくとも200億米ドル(約2兆2,000億円)を調達できる見通しだと明らかにした。ロイター通信が同日伝えた。

政府は同ファンドへの外国投資を募る方針。ルフット調整相(海事・投資担当)は8日、「アラブ首長国連邦(UAE)アブダビ首長国のムハンマド・ビン・ザイド皇太子は、インドネシアが政府系投資ファンドに関する法を整備することを条件に、ファンドへの投資に同意している」と話した。また日本のソフトバンク・グループと米国際開発金融公社(USIDFC)も同ファンドへの投資に関心を示していると明かした。

ジョコ大統領は12日にアブダビ首長国を訪問した際、ムハンマド皇太子と同ファンドについて協議した。ルフット氏によると、二人は政府系投資ファンドの資金を、東カリマンタン州で計画されている新首都開発に充てる案についても話し合ったという。

インドネシアは、同皇太子、ソフトバンク・グループの孫正義会長、トニー・ブレア元英国首相の3人に対して、新首都開発の諮問委員会への参加を要請している。


関連国・地域: インドネシア日本中東
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

低所得正規労働者に給付金、1380万人が対象(11:36)

テイクオフ:今年のお盆休みはインド…(08/11)

北部3州で感染ゼロから拡大 1人から45人、今後も増加か(08/11)

7月新車卸売り台数が9割増 前月比、在庫調整一段落し急増(08/11)

ホンダ四輪、7月小売りは前月比62%増(08/11)

サクラシステム、地場と共同で税務サービス(08/11)

国営通信の上半期決算、小幅な減収減益(08/11)

エネ鉱省、米社の深海開発撤退で伊社に接近(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン