• 印刷する

工業省、国営製鋼工場の再稼働へ投資募る

ミャンマー計画・財務・工業省傘下の第1重工業社は、北中部マンダレー管区ミンジャン郡区にある国営製鋼工場の再稼働に向け、国内外の企業に投資を呼び掛けている。ミャンマー・タイムズ(電子版)が16日伝えた。

第1重工業社の広報担当者は「ミンジャン製鋼工場の再稼働には約2,250億チャット(約168億3,500万円)が必要。国内外の投資家からの支援を求めたい。一部の生産ラインの廃棄を含めて、さまざまな形の官民連携を検討する用意がある」と話した。

ミンジャン製鋼工場の設備能力は年間180万トンとされている。

ミャンマーは現在、国内の鉄鋼需要の9割を輸入に依存している。東南アジア鉄鋼協会(SEAISI)は、同需要は年率8%で増加し、2020年には300万トン、25年には500万トンに達すると推定している。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 鉄鋼・金属マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

中国との国境貿易が半減 新型肺炎、正常化めど立たず(02/27)

肺炎拡大でスイカ輸出停滞、損失5千万ドル(02/27)

韓国人感染者と接触した22人、自宅隔離指示(02/27)

改憲審議で国軍議員が激しく抗議、議場混乱(02/27)

電力供給量を拡大、年央まで1千MW追加(02/27)

ICJで弁論の英大教授、3月5日に講演(02/27)

SIMカード、6月までの再登録を徹底へ(02/27)

政府債務が政権発足時の約3倍、議員が批判(02/27)

マンダレー水掛け祭り、舞台設置区域を限定(02/27)

【探訪】バガン(5)世界遺産バガンの管理体制(02/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン