• 印刷する

テイクオフ:タイ第2の都市と言えば…

タイ第2の都市と言えば、北部チェンマイ。だが、チェンマイより人口が多い都市はいくらでもある。何がチェンマイを「第2の都市」と呼ばしめるのか。

それは、想像の産物も含めた街の雰囲気だと思う。ここにはランナー王国という、首都バンコクや中部アユタヤとは異なる王朝があった。そう思うだけで、寺院を見ても、城壁を巡っても、バンコクとは違ってみえてくる。実際、ここからメーホンソン、チェンライと北上すると、かつて麻薬の産地として知られた「黄金の三角地帯」へと入ってゆく。

地図を開けば、タイの北には広大なミャンマーの山地が広がっている。国境の向こうは、タイ人が「チャーン」と呼ぶ同系シャン族のシャン州。ほかにも多くの少数民族が住む。「遙かなる山の呼び声」という言葉が胸に浮かぶ、無法と同居のロマン。その起点がチェンマイなのだ。(範)


関連国・地域: タイミャンマー
関連業種: 観光政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

3空港高速鉄道、来年1月に着工見通し(06/24)

電子部品の余剰在庫ゼロへ 商社コアスタッフ、委託販売開始(06/24)

新規の感染者2299人、死者は18人(23日)(06/24)

〔アジア人事〕ゼロなど(06/24)

5月車輸出は3%減の7.7万台、バイクは増(06/24)

5月の車生産は8%減、乗用車が不振(06/24)

ラオスから電力輸入開始、4カ国間取引で(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン