19年度6.4%成長に加速予測 世銀=選挙前の政府支出けん引

世界銀行は15日、ミャンマーの2019年度(19年10月~20年9月)国内総生産(GDP)成長率について、前年度を0.1ポイント上回る6.4%とする予測を発表した。輸送・通信分野での活発な投資や、20年後半とされる総選挙を控えて公共支出の拡大が、経済のけん引役になると見込んでいる…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タイ第2の都市と言えば…(01/20)

中国との経済回廊を具現化へ 習主席訪問で特区推進など合意(01/20)

中国主席が「肥だめ」と誤訳、FB謝罪(01/20)

工業省、国営製鋼工場の再稼働へ投資募る(01/20)

ダウェーの鉱山訴訟、住民が歴史的勝訴(01/20)

名義未変更車両への罰則強化、駆込み変更増(01/20)

ヤンゴンバス、2539台に電子決済装置を設置(01/20)

東南汽車、ヤンゴンに新ショールーム(01/20)

インゲン豆が収穫期、中国向けが例年以上(01/20)

農業省とNGO、種子生産で覚書締結(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン