• 印刷する

ネット銀の優遇金利は短期的戦術、WeLab

香港のフィンテック(ITを活用した金融サービス)企業、WeLabの龍沛智(サイモン・ロン)最高経営責任者(CEO)はこのほど、傘下のインターネット専業銀行WeLabバンクの開業を前に、顧客獲得のための優遇金利の設定について「短期的な戦術に過ぎない」と述べた。中長期的戦略としてはネット銀サービスを通じた総合的な顧客満足度を高めていく方針だ。15日付香港経済日報などが伝えた。

香港では既に8社のネット銀が当局の免許を取得している。このうち中国本土系資本の衆安銀行(ZAバンク)が2019年12月、先陣を切って試験営業を始め、市中銀行を大幅に上回る優遇金利で顧客の獲得を進めている。

開業時期では衆安に後れを取ったWeLabだが、傘下のオンライン融資プラットフォーム「WeLend」では融資の実質年利を2%と低水準に設定し、集客を競っている。

龍氏は、年内を想定するWeLabバンクの開業後、預金客の確保に向けて優遇金利を設定するかとの問いに対し、「従来の市中銀行も各種の優遇金利を打ち出しており、新銀行が優遇金利を設けるのは正常だ」と可能性を認めた。一方で、「長期的に競争力を維持していくに当たって優遇金利だけに依存するつもりはない」と説明。預金、決済、資産管理などの金融サービス全体を通じて顧客の満足度を高めていく重要性を強調した。


関連国・地域: 香港
関連業種: 金融IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

香港の住宅価格、2年連続で年収の20倍超に(21:14)

大手の悲観傾向、依然強く 1Q景況感、小売りで緩和も(01/21)

19年の輸出受注、5.3%減に 全製品・市場が落ち込み(01/21)

10~12月の失業率3.3%、3期連続で悪化(01/21)

ブランド品売買SOU、3カ国に拠点(01/21)

中小企業の展示会出展に補助金、政府(01/21)

香港、武漢発の旅客に健康状態申告義務付け(01/21)

19年の空港統計、旅客減少幅が10年で最大に(01/21)

新渡輪のフェリー利用者、19年は7%減(01/21)

ホンハムトンネル、電子決済再開で正常化(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン