• 印刷する

テイクオフ:インド北部に住む少数民…

インド北部に住む少数民族、ラダック人の社会は、数十年前まで「一妻多夫」が一般的だった。過酷な気候の山岳地帯で、人口が増えすぎると食べていけないため、複数の男性が一人の女性を共有することで人口を抑制していた。経済発展に伴い、その習慣はなくなったという。

一方、中東諸国では「一夫多妻」が続く。先ごろ旅したある国でも、一人の夫が3人の夫人を連れて食事する姿を見かけた。

ムスリムの一夫多妻制はもともと、戦争で夫を亡くした女性の生活を守るために生まれたと聞く。戦争がなく石油で潤う一部の国では、ラダックのようになくなってしかるべきものなのではないか。

ある程度豊かに暮らせる条件が整っているなら制度の上では、男女の愛情は一対一であってほしい。食卓で夫がほかの夫人とじゃれあう姿を静かに見つめる、あの日の彼女の目が忘れられないから。(天)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:携帯電話の盗難がインド…(01/22)

小型セダン「オーラ」投入 現代自、来年度は1桁成長見通し(01/22)

自動車販売店、12月の小売り総数は14.6%減(01/22)

ウーバー、食事宅配事業をゾマトに売却(01/22)

アマゾン、25年までに配達用EV1万台導入(01/22)

リライアンスが食料雑貨店、オムニ化へ着々(01/22)

ドコモ、ヤンマーの遠隔管理システムを支援(01/22)

昨年のFDI流入額、インドは世界8位(01/22)

投資先としての魅力、印は世界4位=PwC(01/22)

19年の成長率予測、IMFが4.8%に引下げ(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン