ササ、20年度も赤字予測=追加対策検討へ

香港の地場化粧品小売り最大手、莎莎国際(ササ・インターナショナル)は、2019年度(19年4月~20年3月)決算に続いて20年度(20年4月~21年3月)も収支が赤字になる見通しだ。19年以来の消費不振による業績悪化を受けて、店舗閉鎖によるコスト削減を進める計画だが、売り上げ…

関連国・地域: 中国香港
関連業種: 鉄鋼・金属小売り・卸売り社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「皆さん、公共のものを…(01/23)

1Qの中小景況感、小幅改善 外部環境要因、小売りは悪化続く(01/23)

新型肺炎、香港で高度の感染疑い(01/23)

小売り市場、短期間での回復困難=恒隆地産(01/23)

ロクシタン、19年4~12月は0.7%増収(01/23)

バウハウス、中国本土から撤退=台湾も半減(01/23)

クロワッサンの八月堂、香港で出店加速(01/23)

デモ隊標的の外食・美心、人員を削減か(01/23)

飲食業に回復の兆し、デリバルー調査(01/23)

HKMAが業務デジタル化、専門部署を新設(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン