• 印刷する

テイクオフ:マレーシア人になくては…

マレーシア人になくてはならないもの。それは抱き枕。長さ30センチ程度の赤ちゃん用ミニ枕も売られており、生まれた時から共にある。

会員制交流サイト(SNS)で先日、25年間このミニ枕を手放したことがないというマレーシア華人男性が話題になった。亡き祖母から贈られたもので、シンガポールや日本にも連れて行ったことがあるそう。貧しさから二度と故郷の土を踏めなかった祖母のために、彼はこのほど枕を連れて祖母の出身地、中国・福建省を訪れたそうだ。

そんな彼に悲劇が起こった。大事な枕のカバーが破れ、中綿がはみ出したのだ。妻や母は「臭いし早く捨ててよ」とけんもほろろ。一方、祖母のミニ枕なしでは眠れない彼。仕立屋に持ち込み、裏にデニムの当て布をしてもらって枕は無事復活。彼は現在、「臭い枕クラブ」を設立し、同好の士を募っている。(旗)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ワクチンで中国3社と協議 東南アの製造ハブ構想も、保健省(08/14)

RM1=25.5円、$1=4.19RM(13日)(08/14)

「しゃぶ葉」1号店オープン(08/14)

不動産ティティジャヤ、医療関連事業参入へ(08/14)

当局への報告なき解雇が増加、法的措置も(08/14)

2Qの労働需要、前期比2.1%減の838.3万人(08/14)

コロナ対策2法案提出、契約不履行免責など(08/14)

ペトロナス子会社、海底ポンプを共同開発(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン