• 印刷する

失業者2割が20代後半、OECD最高水準

経済協力開発機構(OECD)の統計によると、韓国の失業者のうち25~29歳の若年層が占める割合(2018年)は21.6%に上ったことが分かった。比較可能な加盟国36カ国中では、7年連続で最も高かった。

韓国に次いでデンマーク(19.4%)やメキシコ(18.2%)が高かった。米国(13.0%)や日本(12.6%)は韓国に比べて、低水準だった。

韓国は大企業と中小企業間の賃金格差が大きく、若者は就職活動の期間が長引いても大企業入社を目指す傾向がある。一方の企業側は、高額な大卒初任給や雇用の流動性停滞により新規雇用に消極的になっている。


関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本の対韓貿易管理の厳…(01/28)

【日本の税務】海外赴任中の出産について(01/28)

新型肺炎「警戒」レベルに 感染者4人に、検疫対策強化へ(01/28)

敵対的な労使関係、人材競争力の重しに(01/28)

韓国で2人目の新型肺炎感染者(01/28)

新型肺炎、韓国で3人目の感染確認(01/28)

グラブ、首都空港でEV配車サービス開始(01/28)

大手と中小の賃金格差、270万ウォンに拡大(01/28)

サムスン、QD有機ELの専門部署を新設(01/28)

起亜自動車、19年の営業益73.6%増(01/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン