洪水対策不備と提訴、アニス知事に賠償請求

インドネシアの首都圏で昨年末から元日にかけて発生した豪雨による洪水で、多額の損害を被ったのは行政の洪水対策が不十分だったとして、被災した住民243人がジャカルタ特別州のアニス知事を相手に総額430億ルピア(約3億4,700万円)の損害賠償訴訟を中央ジャカルタ地裁に起こした…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ホンダ四輪、現調率引き上げなどに410億円(22:31)

腐敗認識指数、ASEANは5カ国で改善(19:48)

インド産水牛肉など、輸入拡大へ=同国政府(20:53)

27兆ルピアの政府開発案件、スクークで調達(20:53)

預金保証金利を引き下げ、ルピア建て6%に(20:54)

【NNA景気指数】ベトナム 2020年第1四半期予測(01/27)

テイクオフ:電動自転車に乗ってフー…(01/27)

ブチルゴムを1.5倍に増産へ ソフトプレン、新工場を開所(01/27)

国内航空会社の武漢便を全便運休に=運輸省(01/27)

19年の二輪車販売台数は1.6%増、産業省(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン