• 印刷する

仁川発のKTX、下期に本格着工へ

仁川市は13日、韓国首都圏の同市から南部の釜山を結ぶ高速鉄道(KTX)の建設を今年下期(7~9月期)から本格的に始めると発表した。完成すれば、首都圏南西部のアクセスが大きく改善し、仁川―釜山の移動時間は現在の3時間44分から2時間40分に大幅短縮される見通しだ。

仁川発のKTXは、仁川と京畿道・水原を結ぶ水仁線をKTXの京釜線(ソウル―釜山)につなぐもの。韓国政府と韓国鉄道施設公団が負担する事業費は総額3,936億ウォン(約376億円)。仁川にはKTXの駅がなく、首都圏南西部からKTXを利用するにはソウル駅かソウルの竜山駅、京畿道の光明駅に行く必要があった。

国土交通省は2025年の開通を見込む。仁川市の関係者によると、今年9月までに設計作業を終えて年内に着工する見通しだ。 


関連国・地域: 韓国
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

政策金利1.25%、2度目の据え置き(01/18)

東進セミ、半導体材料増産へ 韓国政府が国産化の成果アピール(01/17)

19年輸出額10.3%減、半導体の不振響く(01/17)

ロッテ会長が「変革」強調、グループ会議で(01/17)

サムスン電子、米国で特許取得2位(01/17)

SKTが時短促進、月1回「週休3日」に(01/17)

LG電子、MIT教授と次世代ロボット研究(01/17)

現代自FCV・ネクソ、1万台の販売目指す(01/17)

韓国ロッテマート、PB・売り場づくり好調(01/17)

現代・起亜自、商用EVの英社に出資(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン