PTTGCの米国事業、中東情勢は影響なし

米国によるイラン革命防衛隊の司令官殺害を受けて両国の緊張が高まっている問題で、タイの石油化学最大手PTTグローバル・ケミカル(PTTGC)のコンクラパン最高経営責任者(CEO)は、同社が米国で進めている石油化学コンプレックスの建設計画に影響はないとの見方を示し…

関連国・地域: 韓国タイ米国中東
関連業種: 化学建設・不動産天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

(表)世界の新型肺炎感染者数(25日正午) 韓国の感染893人、中国に次ぐ感染国に(02/26)

テイクオフ:米国の影響力をやゆして…(02/26)

【循環型経済】バイオプラ、車も植物由来に オランダに見るタイの活路(上)(02/26)

【ダイヤモンド・オンライン】AirPods危機!新型肺炎でアップルの超ヒット商品が入手困難になる理由(02/26)

Thaco、タイに起亜の乗用車を初輸出(02/26)

電動車の新規格、3月に発効見通し(02/26)

シボレー、アフターサービス維持を強調(02/26)

タイ損害保険ティパヤ、カンボジア進出へ(02/26)

ホンダ車販売のオートコープ、子会社設立へ(02/26)

8日ぶり肺炎2人感染、国は危険伝染病指定(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン