• 印刷する

テイクオフ:シンガポールの北部セン…

シンガポールの北部センバワンにある国内唯一の温泉が先ごろ、リニューアルオープンした。

国立公園管理局(NPB)が2018年8月、「センバワン・ホットスプリング・パーク」を閉鎖して改修工事を進めていた。今月初旬に再オープンし、面積が従来比11倍の1.1ヘクタールへと大幅に拡大。以前はパイプから温泉水が流れているだけで、訪問者はバケツにお湯をくんで足湯をする「素朴」な施設だった。新パークでは、腰をかけてゆっくり足湯につかれる浅瀬のプールのような施設が新設された。

この温泉は、1900年代初頭に中国人商人に発見された長い歴史を持つ。第2次世界大戦の日本占領期には浴槽が作られ、日本軍の兵士が利用したという。これまでの「バケツで足湯」ではゆったりと温泉を満喫できないと考えて足を運んだことがなかったが、新施設で是非温泉浴を楽しんでみたい。(雪)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 観光社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(17日正午) 中国本土の感染者は7万人超に(02/18)

テイクオフ:新型肺炎の感染が拡大す…(02/18)

輸出が再びマイナス成長 新型肺炎、今後の重しに(02/18)

通年の輸出額、3年ぶりマイナス成長に(02/18)

オンライン中古車販売のカーロ、卸売に参入(02/18)

経済成長率見通し1P引き下げ、肺炎拡大で(02/18)

累計77人、新たに2人(17日正午)(02/18)

中国渡航者は完全外出禁止、19日から(02/18)

保険3社、新型肺炎の保障を無償提供(02/18)

ホテル稼働率5割以下、新型肺炎で(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン