中老鉄路、採用者600人を中国で研修へ

ラオス政府は、首都ビエンチャンと中国国境を結ぶ「ラオス・中国鉄道(中老鉄路)」の運行事業に採用する約600人を、研修のために中国に派遣する方針だ。同鉄道は2021年12月の運行開始を目指している。ビエンチャン・タイムズ(電子版)が9日に伝えた。 両国政府が設立した中老鉄…

関連国・地域: 中国ラオス
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

バンビエンの観光客が減少、新型肺炎で(02/27)

【ラオス経済通信】パンモン・フアク国際国境がオープン 第146回(02/27)

ナムグム1、浮体式の太陽光発電設備設置へ(02/26)

【新ラオス法】第13回・企業登録申請に関する改善点について(02/26)

【ダイヤモンド・オンライン】AirPods危機!新型肺炎でアップルの超ヒット商品が入手困難になる理由(02/26)

タイ損害保険ティパヤ、カンボジア進出へ(02/26)

道路税未納車、国境越えを許さず(02/25)

【日本の税務】二重課税された給与について(02/25)

経済開発帯の創設を歓迎=瀾滄江メコン会議(02/24)

JALUXが首都空港に免税店を開設(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン