住宅事業の許認可、無駄な費用1420億ペソ

フィリピンで規制緩和を目指す大統領府直轄の反レッドテープ機関(ARTA)は、住宅事業の許認可にかかる不必要なコストが、2017年だけで1,420億ペソ(約3,070億円)に達したと明らかにした。政府機関の手続きに約33日を費やしていた。マニラブレティンなどが19日伝えた。 AR…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「ガンプラ」と聞けば、…(10/20)

東南ア経済でベトナム頭角 今年4位浮上、1人当たり6位に(10/20)

外出制限、年末まで継続か マニラ首都圏、一段の緩和せず(10/20)

コロナ感染新たに2638人、計35万9169人(10/20)

マニラ首都圏、夜間外出規制を短縮(10/20)

フィリピン航空、運航本数2割に回復(10/20)

ATN、南北通勤鉄道で石材供給(10/20)

失業保険、受給資格は5割止まり(10/20)

公共事業、1740件が工期遅延=監査委(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン