• 印刷する

テイクオフ:インドと日本をコンセプ…

インドと日本をコンセプトにしたタミル語映画「SUMO 相撲」が来年1月にインドで公開予定だ。南部タミルナド州でこの映画が作られた理由はタミル語の映画が日本で頻繁に視聴されているからではなかろうか。実際、タミル語映画の人気俳優ラジニカーントは日本人の間でも親しまれている。

タミルの映画業界はこの映画の準主演に元力士の田代良徳さんを据えた。ストーリーはコメディで、サーフィンのトレーナーをしている地元青年がインドの浜辺に漂流した力士を発見するところから始まる。家に連れて帰るものの2歳児のように振る舞う力士がインドにどう順応していくか、2人が日本に行くと何が起こるかを中心に物語は展開する。

予告編が10日にウェブで公開され、12日までに再生回数が300万回を突破した。多くの視聴者からコンセプトを称賛する声が上がっている。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【日本の税務】海外赴任中の出産について(01/28)

テイクオフ:1月26日は、インド憲…(01/28)

20年は緩やかなルピー高 物価上昇が影響、みずほ銀予想(01/28)

エアインディア売却、政府が入札に着手(01/28)

商用車フォース、小型バス開発に60億ルピー(01/28)

車部品タタ、中国同業とEV向け製品で合弁(01/28)

ヒーローの電子部門、事業拡大を計画(01/28)

2大都市間の高速道、3年で整備完了=道路相(01/28)

倉庫面積、20年は4千万平方フィート拡大(01/28)

50品目超で輸入関税引き上げ、1日発表か(01/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン