• 印刷する

ポルシェ、来年半ばにEV「タイカン」発売

ドイツの高級スポーツ車メーカー、ポルシェは、来年半ばまでに電気自動車(EV)「タイカン」をインド市場に投入する。販売価格は推定約1,500万ルピー(約2,300万円)で、インドで最も高額なEVとなる見込み。現地法人ポルシェ・インディアのパバン・シェッティ取締役の話として、タイムズ・オブ・インディア(電子版)が13日伝えた。

航続距離(1回の充電で走行可能な距離)は450キロを超える。バッテリーの充電場所として、ポルシェの販売店や購入者の自宅のほか、高級ホテルやショッピングモールとの提携も計画する。

ポルシェの販売店は現在、インド国内に6カ所ある。国内で高級車の需要が高まれば、設置数を引き上げるという。


関連国・地域: インド欧州
関連業種: 自動車・二輪車小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

新型肺炎、日系企業に打撃 武漢・華東で休業延長も視野(01/29)

テイクオフ:新型肺炎のニュースから…(01/29)

新型肺炎、アセアン株に余波(01/29)

新型肺炎への警戒強める、各地で検査強化(01/29)

マルチ・スズキ、10~12月は増収増益(01/29)

スズキ「アルト」のCNG車、BS6に対応(01/29)

日産、6月までにインド向け小型SUV投入(01/29)

公営EESL、MGモーターのEVを調達(01/29)

中大型商用車の販売、今年は縮小=ダイムラー(01/29)

ロヒア、軍事航空産業向けの工場を3月稼働(01/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン