12日指数は続伸、TSMC上昇で買いに勢い

12日の台湾株式市場で、加権指数は続伸した。終値は前日比135.65ポイント(1.16%)上昇し11,836.42ポイント、売買代金は1,508億7,100万台湾元(約5,400億円)だった。 この日の取引は、ファウンドリー(半導体の受託製造)世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)が、前日に続…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

12月の新規住宅ローン金利、過去最低を記録(18:33)

新型肺炎、日系企業に打撃 武漢・華東で休業延長も視野(01/29)

新型肺炎、アセアン株に余波(01/29)

デルタ、ネットワーク機器強化で1割増収へ(01/29)

【日本の税務】海外赴任中の出産について(01/28)

【NNA景気指数】ベトナム 2020年第1四半期予測(01/27)

中国旅行客の受け入れ停止、台湾が大陸行きも(01/27)

中国人の訪台手続き停止、感染拡大で一層厳格化(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン